幼児教育のメリットとデメリット

幼児教育は早い時期に行うほど効果があると言われてます。

TOPICS

幼児教育のメリットとデメリット

幼児教育のメリットとデメリット 幼児教育は早い時期に行うほど効果があると言われてます。人間の脳は3歳までに受ける刺激がその後の脳の働きに大きく影響するケースがり、天才、秀才と呼ばれる人に将来なる確率が高くなるのが早い時期からの効率的な幼児教育です。その内容も右脳、左脳に影響を与えるようなプログラムがベストでしょう。

しかし、デメリットもあります。正式なデータはありませんが、精神的に弊害が生まれる可能性があります。まだまだ、幼児期です。未成熟な体に膨大なデータを入れることはその後の成長に悪い影響があります。また、子供の自主性が阻害されるとも言われてます。

メリット、デメリットはあります。どんなによい事でもやりすぎは良くないでしょう。子供は自然の中、遊びの中で成長していきます。それを親が止めてしまい、あるカリキュラムに沿った、プログラムを入れるのは思考力のアップにはあまり効果が無いでしょう。しかし、効果があるのも事実です。子供の成長、遊びの中で自主的に行動が起こせる、考えることができるようバランスのよい生活がベストでしょう。